« イタリア弾丸旅行5 フィレンツェ | トップページ | イタリア弾丸旅行フィレンツェそしてピザへ »

2016.05.11

イタリア弾丸旅行6フィレンツェ

私がこの旅行で最も行きたかったところは、フィレンツェのドゥオモ美術館だったのかもしれません。

なかには、ドゥオモの外壁のファザードの本物がずら~と並び、

ミケランジェロ最後の「ピエタ」,

ドナッテロの「マクダラのマリア」

045

046

047_2

048

マリアの目にはガラス材が使われ、石の像でありながらものが見えるようで怖い感じがする。

052

053

054

 

ミケランジェロ晩年(88歳)

のピエタ

 後方からイエスを抱えるニコデモに老いた自分をなぞらえたもの。マリアはまだ未完成であるがすでに悲哀を十分に表現している。 ミケランジェロ・・凄い人だ。

055

056_2

 

ドナテッロの「マグダラのマリア」聖書ではみだらな生活から悔い改めてひたすらキリストに尽くした女性として描かれている。また、ティツィアーノは何度も、このうえなく美しい女性として描いた。

しかし、ドナテッロは、老いさらばえた姿、それでも射るような厳しい目、徹底したリアリズムでマリアの実像に迫った。彼女はキリストの死後30年にもわたって苦行の生活を過ごしたといわれる。彼女のまなざしに、信仰の強さ、あるべき姿を見ました。

057

 

ドナッテロの「マクダラのマリア」

|

« イタリア弾丸旅行5 フィレンツェ | トップページ | イタリア弾丸旅行フィレンツェそしてピザへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28022/63614972

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア弾丸旅行6フィレンツェ:

« イタリア弾丸旅行5 フィレンツェ | トップページ | イタリア弾丸旅行フィレンツェそしてピザへ »