« 野尻湖の朝 | トップページ | 28年目の同級会 »

2009.11.05

大久保の堤と針の木の堤

天気の良い日はどうしても決まった場所に足が向いてしまいます。

冒険心が薄れている自分に気付くとがっかりします。

人のためにどう動こうかと考える人種、と自分はこうだ人のはしすら聞かない態度を取れる人種と、どちらも居心地が悪く感じるのは男の更年期だろうか?

まー自分の好きなことだけやっていれば、良い事にしよう。1152 1153 1154 1151

1155

|

« 野尻湖の朝 | トップページ | 28年目の同級会 »

コメント

まる健さん
車で5分以内にこんな場所があるのですから幸せですね。

気がつくと人間は幸せの上を歩いているんですね。
その幸せを自分の足で見えなくしてなやみ、自分の足の下の幸せに気付き、また次の足が前に出て、年を重ねていくのですね。

投稿: マルちゃん | 2009.11.09 17:38

momoさん
雪もとけ普段の11月に戻りつつあります。
膝も、心の寒さも溶けて幸せになってます。
単純マルより

投稿: マルちゃん | 2009.11.09 17:33

マルちゃん、好んで行きたくなる所が有るということは幸せなことだと思います。
行く度に違った表情で迎えてくれる筈です。
この日は、非常にご機嫌が良く、穏やかな心で迎えてくれたのでしょう。
綺麗に景色を写してくれました。
いいですね~!

投稿: まる健 | 2009.11.05 23:25

以前にもこの風景を拝見しましたが山の形も綺麗で良い風景です。
もう雪は解けたのでしょうか?
男の更年期が無事に過ぎますように・・

投稿: momo | 2009.11.05 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28022/46678009

この記事へのトラックバック一覧です: 大久保の堤と針の木の堤:

« 野尻湖の朝 | トップページ | 28年目の同級会 »