« 月心寺美味探訪の旅2 | トップページ | 橋本関雪 »

2009.10.27

北野天満宮骨董市

102714 102713 102715

25日は朝6時10分に朝食をいただき、嵐山竹林と渡月橋を探索しました。

追い立てられるように、7時15分北野天満宮の骨董市に出発。

あー自分って淋しい人間だナーと悔しくなりました。

骨董市で何が欲しいの?何を見つけたいの?自問して見ていても、どうしてもガラクタにしか見えてこないのです。価値が見出せない。見る目ゼロ。

淋しい。考えてみれば、何物も安い物を見つけては喜んできた人生だったのかもしれない。

ユニクロに行ってさえ、角の値下げを見て喜んでいる人生がなんとも小さい。

女房と家族と友以外はみんな安物であることに気付き、実は一人で沈んでいました。

帰って画像を整理してもあの賑わっているガラクタ市の写真は1枚もありませんでした。

続く

|

« 月心寺美味探訪の旅2 | トップページ | 橋本関雪 »

コメント

momoさん
どうも自分には色々なところで変なところがあるみたいです。
平成元年に通販で買ったジャンバーを今年やっと山用に下ろしました。
大学時代先輩が7年間使った食器棚を譲り受け、30年間まだ我家で現役生活をおくってます。
徳島の先輩ですがそれを聞いて毎年酢橘を贈ってくれます。

でも回りには倹約遺伝子が欠落しているものもおり、医学的に調べて欲しくなりました。

投稿: マルちゃん | 2009.10.28 06:19

人には誰にも倹約の遺伝子が備わっているそうで だからどんなにお金があっても安く買えれば(v^ー°) ヤッタネ となるのだそうです。
私も骨董品は欲しくない方で安くても新品がいいです
知ってる方が使われたものなら別ですが・
嵐山の雰囲気がいですね。
船上の売店・・面白いです。

投稿: momo | 2009.10.27 13:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北野天満宮骨董市:

« 月心寺美味探訪の旅2 | トップページ | 橋本関雪 »