« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009.02.23

小林一茶4

223 一茶さんのお墓のある小丸山公園入口に哲の碑がある。信濃町に生まれ俳句をよみ一茶さん研究や記念館の運営に大きく貢献された方です。亡くなられて5年ほどになりますが、生前は父と親交があり家族でかわいがってもらいました。私の名前の名付けの親だと聞きました。父につけてもらったほうが良いのかなーなんて思いながら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.22

デンドロビュウム ベビー リップ

222 3年前に頂いた「アルテイシア」デンドロビュウム ベビー リップが咲きました。花はかわいいのですが、午前中に凄く匂いが強くまさに姉様の臭いです。

今我が家では洋ランが最盛期を迎えようとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.21

アネモネ

2211 2212 2213 2214 春が近いんですね。アネモネです。1鉢100円のを3鉢求めて、自分の部屋で楽しんでいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.20

雪割草 静山

2204 2202 2203 2201 雪割草静山、恋物語、青二段、赤二段4種紹介します。かわいくてたまりませんねー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.19

雪割草 菊翠

Photo 我が家の春を告げる雪割草が咲き出しました。

例年にない暖冬で雪が少なくもうその気になれば全ての鉢が出せる状況でもう少し待ってと花たちにお願いしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.18

ステンドグラス ブドウ

2162_2 ステンドグラスの鏡シリーズの中で常使いをしている唯一の作品がこのブドウです。玄関先で目立たない作品ですがこのシリーズの1作目で私にとっては意味のあるものです。何年か前に小林牧子先生のステンドグラス教室の作品展を拝見し、その中にブドウをモチーフとした鏡があり衝撃を受けました。その後どうしても先生に教えを請いたくて、女房と高速で1時間ほど離れている先生のご自宅に押しかけ直談判して何とかお弟子にしていただきました。今こうして自分の時間が許す時にガラスを触れるのも先生のお陰です。勝手な作品ばかり勝手な手法で作っていて、お弟子と言うと怒られそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.17

小林一茶3

217  2172

momoさんに一茶さんも褒められてその気になって、第3弾

 小丸山公園の入口にそそり立つ句碑に

「是がまあついのすみかか雪五尺」

とあります。50才で故郷永住を決意し、雪の故郷にたどりついてよんだ句だそうです。

今朝は暖冬が急変して真冬になって、5時から雪かきをしました。除雪隊のブルが親切に雪をかいてくれたので、楽ができました。お陰でアップができました。感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.16

2009.初リース

2163 初期のへバーデン結節でなかなか作品作成が遅れている女房の今年初リースです。

ボリュームがあり、品もあるように思います。女房ももう冬篭りしていたいようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステンドグラス 花束

2161 花篭にファンタジーを詰め込んでお届けしたいと思いました。

お出掛けのあなたに、ご自身の笑顔をプレゼントできれば最高です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.02.15

ステンドグラス あなたに

2151 2152 男ならこんな想いをしたことがあるのではないでしょうか?亜麻色の長い髪のあなたへの想い、切なくて切なくて、・・・・・そんな想いをステンドグラスに表現した鏡です。

とても解り易いと思います。このステンドグラスは右下の白の中にピンクのガラスの欠片を見つけて所から始まりました。

斜めから見ると鏡に映って両方の乳房に見えてきます。

ガラスの欠片が、清楚で透明に抜けるような肌に見えてしまいました。ロマンチストのマルよりあなたに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.13

ステンドグラス 桜

2131 桜のステンドグラスは、以前にも一つ作ってあります。その時は娘たちを想い作りました。

信濃町の桜の時期は、まだ山に残雪が残り、小川は雪解け水で見事な川になっています。

周りに、白の雪と小川のブルーをイメージしました。子どもたちの願いが叶うように、桜咲くを祈り作りました。

今も頑張る娘にきっと桜咲くと信じています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.12

花嫁に贈るステンドグラス

2121 姪が4月に結婚するので、お祝いを考えていたら、ステンドグラスの鏡をお願いされたので、昨日の休みを利用して作りました。

楕円の鏡は、円満な家庭を表現しました。周りのピンクは温かさに包まれれるように願い、桜は花言葉で「純潔、心の美」を意味しています。

幸せになってくれることを心から祈っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.11

小林一茶2

2112 2113 2111 一茶さんは、1763(宝暦13)年、長野県の北部、北国街道柏原宿(現信濃町)の農家に生まれ、本名を弥太郎といいました。3歳のとき母がなくなり、8歳で新しい母をむかえました。働き者の義母になじめなった一茶は、15歳の春、江戸に奉公に出されました。奉公先を点々とかえながら、20歳を過ぎたころには、俳句の道をめざすようになりました。

その一茶さんの菩提寺が明専寺で、一茶記念館から徒歩5分ぐらいのところにあります。そこにも一茶さんの銅像と句碑があります。

「われときて 遊べや親のない雀」の句です。淋しい幼少時代を想って読んだ句です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.10

小林一茶1

2101 2102 長野県と新潟県の境に位置する私の住む信濃町は俳人小林一茶の生まれた町なんです。ブログを作って何年にもなりますが今年は一茶さんの紹介もしてみて、わが町再発見しようかと思いつきました。(昨晩)

信越線黒姫駅から徒歩5分のところに小丸山公園がありそこに一茶記念館があります。その裏手に小学校の頃よくかくれんぼした俳諧寺があり、一茶さんの銅像と素敵な句碑があります。

雪に閉ざされた句碑に初夢の故郷を思う句がベストマッチでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.09

クリスマスローズ2

276 275 274 長野にあるクリスマスローズ専門店のズーニーガーデン(zoony garden)で購入しました。冬の管理が寒いほどいいと聞いてびっくり。確かに玄関先でマイナス5~6℃にはなるところにおきましたが、花は寒い時には下を向いていますが、温度が上がると息を吹き返します。凄いです。今はダブルのタイプが人気のようですが、今回はアプリコット、ピンクレッド、ホワイトを求めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.08

第6回灯明祭り

009 第6回灯明祭り。今日は女房が友達と早めに灯明祭りに出かけておりました。長野で会議を終えて合流し写真が撮れて幸せでした。昨年は、全く撮れなかった写真がなんとか撮れました。これもまる健さんのお陰です。三脚を変えました。撮影時にぶれる感じがありませんでした。昨年とは少し変わったアングルを写日記に12枚アップします。クリックして御覧ください

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.07

クリスマスローズ

27 今年からクリスマスローズも庭に植えることにしました。今が盛りなので、4種ほど仕入れていきました。これはダークパープル色です。これらもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »