« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009.01.29

カランコエ

1291 1292 台所のカランコエがほぼ満開です。挿し木で頂いて3年目です。寒さにも比較的強く発育がよく、我が家にぴったりです。花言葉は

「あなたを守る・おおらかな心・たくさんの小さな思い出」なかなかいいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.01.23

お料理 ひ魯ひ魯

昨日は年に一度の人間ドックにいてきました。女房も何とかウエイト調整に間に合い昨年並みですね。で大喜び。

私は3年前に肩腱版断裂の手術をしましたが、メタボ体操等々張り切りすぎて、再発の危機。肩はパンパン。右肩が痛みのため上に上がりがり、体がねじれてまっすぐ立てません。それをかばって極度の腰痛。検診に行ったのですが、看護師の皆さん気の毒がって整形も受診すよう手配してくれて助かりました。再断裂は可能性が低いと言われてほっとしました。そして直腸検診直後から急に体位が戻り痛みが快方に向かってきました。

ご褒美に「ひ魯ひ魯」さんで3500円の夕食コース食べてきました。お若い2人ですが料理は最高でした。まずは椀。かつおと鳥のベースにさつま揚げ。2、ほうれん草とあん肝の黄身酢がけ 3、寒ヒラメのお作り、えんがわのにぎり、マグロ 4白子の酢の物これが絶品。 5長いものグラタンネギやむかごなどたっぷりでした。 6ズワイガニのかぶら蒸し 7ふぐのてんぷら 8せり粥 そしてコーヒーにエスプレッソのアイス。

酒は夜明け前と大信州でいただきました。大変美味しいお料理でした。お店を教えてくれた春日さんありがと。皆さんも1度どうでしょう。026-217-1757でご予約しては。

写真が逆になってごめんなさい。

12212_3 122010_3 12209_3 12208_3 12207 12205_3 12204_3 12203_3 12202_3 12201_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.01.12

雪の山、虹色に空

1111 1112 1113 1114 1115_2 家の前の雪山に昇ってみました。東の空は虹色の空。

西の山、黒姫山には太陽さんが日の出色を使ったお絵描きをしていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.01.10

梅花

1101 1102 青空に梅花ではありません。昨年から畑仕事の手伝いを始めましたが、梅も10キロほど漬けてみました。(塩辛くて食べ物になりませんでした15%の塩)我が家の畑には中梅の木と、小梅の木があります。1回も手入れをしたことがありませんでしたのでボーボー。そこで12月に勇気を出して剪定をしました。ルールなし。「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」と言われるぐらいなので思いきってきりました。でも花芽を持った枝があまりにもかわいそうで、家に持ち帰り花瓶にさしておきました。見事に満開です。梅さん許してね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.01.09

晴天のお休み

18 昨日は木曜休みを利用して、母と昨年体調を崩しやっと元気を取り戻した姉と3人で長野までメガネを買いに行きました。私が大学に入る前に家族旅行をして以来かもしれません。近くにいるのでついつい一緒にと言う機会がなかったのでしょう。食事もして、帰り道に温泉も入って帰宅しました。

物凄い晴天の1日。さわやかな使い方ができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.01.05

美女たちの新年会

151 女房のウォーキング仲間の新年会が我が家でありました。かまぼことお刺身以外は女房の作です。今年のテーマは人物なのですが新年早々美女の入らない写真になってしまいました。深い意味はありませんが、楽しいひと時でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.01.03

お正月のお花

131 132 お正月にお花をいただきました。春らしい新春の香がただといます。

女房も今年のお正月花は気合が入ってます。

花器の竹はほうきを崩して作っておりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.01.02

恵みの雪

122 121 暖冬に悩んでいた当地も暮れに来てまとまった雪になりました。やっとスキー場も一安心です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.01.01

賀正

113_2 112_2 111_2 2009年今年もよろしくお願いいたします。今年は初めて善光寺さんに初詣に出かけました。こんなに混雑しているとは思いませんでした。

娘たちの幸せと目標達成、家族の健康をお祈りしてきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »