« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008.09.30

大文字草

9301 9302大文字草が満開です。以前渓流釣りに行って川に流されていたものを植えたのでですが、いたるところに増えてきました。石についてコケに自生しているのは、なんとも言えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.27

妙高黒姫初冠雪

9272 9271 今朝は朝寝坊して、7時半に畑に収穫でかけようとしたら、妙高山黒姫山に初冠雪です。9月中の冠雪は記憶にありません。仕事前に大久保の堤まで写真を撮りに出かけました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.09.18

キイジョウロウホトトギス

9181 9182 キイジョウロウホトトギス(紀伊上臈杜鵑) ユリ科が咲きました。季節柄花の少ない時期に姫、それも西洋の姫と言う感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.15

パンジーの植替え

915 今年ももうパンジーの心配をする季節のなってしまいました。

信州は冬が早いので、お盆明けすぐに種を蒔き、9月に大きいポットに植え替えます。今年は20カゴ(480ポット)作りました。今年は1人で頑張りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.14

母の誕生日

9141 9142 とても健康で、子ども孝行な母は、今日が誕生日で82歳なります。私は、健康な両親、そして妻子どもたちに囲まれて、本当に幸せです。この状態ができるだけ長く続くことを、神様にお祈りしました。

写真のハワイアンキルトのバックは妻の手作りで、ここ2週間ほど夜なべをして今朝仕上がり、プレゼントしました。

賢い母と嫁に支えられて、幸せを噛みしめています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.09.12

黒姫高原コスモス園

9113 9114 9118 9116 9117 わが町の観光スポットの一つである黒姫高原コスモス園を紹介します。冬はスキー場のゲレンデをコスモス園にしてありますので、高原とお花と両方を満喫できます。

黒姫山は高さ2053m、その立ち姿の美しさから「信濃富士」の別名を持ち、その東山麓にコスモスの花畑広がる黒姫高原はあります。100万本50品種の色とりどりのコスモスと雄大な山並みは絶景です。

リフトも運行していますので、そこでの景色もお勧めです。今は黄コスモスが満開で、ダリアも見ごたえがあります。よく花がらを摘んで整備してありその管理にも頭が下がりました。反面従来のコスモスは今はイマイチ。今後に期待です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.09.11

北海道のマリリンへ

9112 9111 26年前にお友達になった北海道のマリリンが元気がないのでわが町の風景をプレゼントします。今日は年をとったので朝から皆で健診にいきました。メタボ対策で約一日の絶食911 9115 !!何とか腹囲は85センチをクリアしました。嬉しくて町のコスモス園に行って写真を取りました。コスモス園とは言っても今はダリアが見ごろでした。マリリンはダイアが見ごろですか?我が家はナスの漬物が見ごろ食べ頃です。

26年の歳月は今までの人生のの半分を意味しているわけで、最愛の???妻とも26年連れ添うことができたわけです。

新婚旅行のお友達、マリリンご夫婦とまた会いたいナーと思うこの頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.10

玄関先のミリオンベルとブリエッタ

993 女房管理の花は今も元気に咲いています。以前はサフィニアが多かったのですが、花摘み管理が大変でミリオンベルとブリエッタに落ち着いたようです。

玄関先すっきりしましたよ次回は1ヵ月後になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.09.09

マスクマン2ショット

991_2 不気味な2ショットをすみません。私と娘でございます。生の顔をさらけ出せるしなのもでありませんので、お許しください。我が家の玄関先を紹介したかったのですが、適当なものが無く要らないものが2匹ほど入ってしまったのでマスクにしました。今日から玄関前連載でいきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.01

蕎麦の花に秋空

91 いよいよ9月。農作業に追われて散歩も久しぶりの気がします。周りの皆さんの畑には立派な蕎麦が見事に花を付け、秋空と共演していました。老体鞭打ち、元気な9月にしたいと誓いました(愛は地球を救う)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »