« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008.01.31

ステンドグラス2008第4弾

2008131 ステンドグラスはティファニーのランプなど設計図があって楽しむものと、ガラスを見てから作りたいものを考え、デザインから楽しむものがある。単純な形でも自分だけの図面に合わせるのは(自己満足の塊)少々出来が悪くても良く見えてしまうから恐ろしい。

あまり出来は良くないがそれなりに思いを込めたので、お世話になった方にお嫁に出すことに決めました。2月9日嫁ぐ日まで楽しむことにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花と影

1312 1311 小さな花のさらに小さな部分にまた面白みがある。神秘と言うべきなのか神様の作ったものの様に思えてならない。そして光、影、当たり前と思っていることにも不思議と感動がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.30

ストレプトカーパス

1292 1291 昨日の花は、花キリンと言うのだそうです。おなじオーナーから頂いたストレプトカーパスも元気です。皆元気で笑顔です。私も頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.29

芽生え

1282 1283 昨年長野市の素敵なブティックのとーても素敵なオーナーから頂いた花、名前は分かりませんが刺のある木に次々と花を付けてくれます。ありがとーう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.28

赤いゼラニュウム

1281 昨年末から、まる健さんやgobuさんの写真に刺激を受けて何とか自分もすばらしいものをと思っていました。さらにそこに追い討ちが一つ。東京の尊敬する先生からここ数年お年賀の変わりに先生自作のカレンダーをいただく。今年2008年はマダガスカルの風景と人々がテーマだ。脱帽の写真のカレンダーだ。そんなことでブログのアップがまばらになってしまった。

でも所詮追いつかないもの。自分のテーマはやはり花。ふと肩の力を抜くと、マイナスの気温の中でも元気に咲いてくれている花がある。小さなこと、身近なこと、いつものこと、そんな中にも感激と、感謝、そして発見、学ぶ心があっても良いのだと思う。

見てくださる方にはつまらにかもしれないが、精一杯の美しさにも目を向けようと思った。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.01.27

ステンドグラス2008第3弾

1272 1271 2008年もまごまごしていたら、1/12が過ぎてしまう。もうコタツ島を離島しなければならない。離れがたかった理由の一つはステンドグラスによる肩の痛みで、予定が2週間ほど遅れてしまった。

この間、人間ドックとPET画像診断検査を受けた。大きなトラブル無く今年も良いスタートをきれそうだ。

人間ドックではお酒の影響が肝臓の検査結果に現れているので、しばらく休みことにした。(どうか与えないで下さい)

がんの検査であるPETは検査自体はとても楽で、来年からの年間スケジュールにまた入れようと思った。でもあまりに正確で右肩と腰の痛いところをはっきり指摘され怖くなりました。すばらしい検査ですね。

来週からは体をいたわりながら、ウチョウランの植え替えです。300鉢は有にあるのでまた楽しめます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.10

ステンドグラス2008第2弾

110 第2弾。ねじ花、(情熱)ちょっと派手過ぎました。

3作目の紹介は時間がかかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.08

ステンドグラス2008

17 2008年1作目のステンドグラスを紹介します。女房が1500ピースのティファニーの水仙に挑戦中なので、なにかとお手伝いが多くて小さいのが作りたくなりました。いくら小さくても光を入れると感激です。次は私もティファニーのチューリップに挑戦です。

忙しい忙しい(楽しい楽しい)・・です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.05

新しい年

152年末年始は 例年にない長休みにしてゆっくりと過ごしました。猫のようにコタツで丸くなって、今年の干支を狙う秘策を練っておりました。

朝は薄曇だったのですが、初ウォーキングの記事を見て刺激され、女房と1時間の初散歩に出ました。午後からは月曜日の仕事始めに向けて長野に出かけましたがあまりに晴れた山々についシャッターを切りました。

(戸隠山、黒姫山、妙高山)

今年も週3回のアップを目標に頑張ります。よろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »