« 冬の気配 | トップページ | トンネルの向こう »

2006.11.18

11181 お友達の鎌問屋の小林さんから念願の左利きの出刃包丁を取り寄せてもらいました。嬉しくて嬉しくて、さっそく女房を鮮魚センターに買い物にやり、手始めに生鮭と生いくらを購入。鮭の頭もすとんと切り落とせ満足。料理は、いくらと生鮭の親子漬け、さしみをシーザスサラダに、お刺身、白子を茹でてポン酢で、皮をカリカリの塩焼きに、後はビール1本だけ。バイ貝も煮付けて・・ここまでは良かったのですが、2時間後から吐いて、腹痛の一夜を過ごしました。女房も調子が悪そうでしたが、ぐっすり寝てました。鮭は生ではだめなのかなー?調子に乗りすぎた罰ですね。

|

« 冬の気配 | トップページ | トンネルの向こう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 冬の気配 | トップページ | トンネルの向こう »