« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.30

信濃町町政50周年2

9304花のボランティアの約20人で、ビオラを3000株使って、花柱と花街道を作りました。デザインに難ありですが、花の色を決められてあり思った感じにできませんでした。でもお客さまを花の香りが迎えてくれます。まずまずの出来上がりでしょう。 9303 9302 9305

| | コメント (2) | トラックバック (0)

信濃町町政50周年

9301 信濃町町政50周年の記念行事が本日行われる。花のボランティアでもお花で会場周辺を飾りつけようということで、本日は仕事を休んだ。そうなると朝はもったいなくて寝ていられない。隣で寝ている住人を起こして朝の散歩に行った。稲は黄金に輝き実りの秋を迎えている。時間が早すぎてきれいには撮影できなかった。霧に浮かぶ斑尾山が神秘的だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.27

新しい仲間

Ma009 先週ホームセンターの片隅に300円であった仲間です。宝塚といいます。藤に似た房で可愛い花です。色がとても好きです。この花を始めて見た時、20数年前に出会った人の服を思い出しました。藤色の絞りのワンピースを着た彼女は、誰よりも輝いていて、引き付けられるものがありました。若き日の切ない病を思い出しました。これは300円、彼女は今、いつも側にいるのがあたりまえで、何にも切なくなりません。幸せを再認識させてくれる新しい仲間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.25

栂池の花たち

92312 もうまる健さんに完敗です。さすが先輩ということにしておきます。すばらしい八方池はお友だちリンクからまる健写真館へようこそに入り、写日記、そして9月をクリックして見て下さい。素晴らしい!!(まる健さんおことわりも無くすみません。)

2日酔いで出遅れた栂池の花たちを咲いた花に紹介します。やはり紅葉には少し早く、そのせいで大変空いていました。私にとっては、紅葉よりも花たちとの出会いのほうが楽しみなので、その意味ではいい時期に行けたと思う。この実は、オオバタケシマランです。2年前だったでしょうかまる健さんにご一緒して白駒池に行った時に、名前もわからない小さな花に出会って、後日タケシマランだと教わった事を思い出します。花の時は全く地味な花でしたが、こんなに派手な実になるとはビックリです。イワショウブ、トウキ、オヤマリンドウ、ミヤマトリカブト、ワタツゲ、と少々の景色を、咲いた花、に掲載します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.24

栂池自然園 展望湿原

9232 9238 22日に大学の後輩が仕事を見に来てくれて、夜は町の若い者と深酒で、23日は絶好の行楽日和にもかかわらず、朝は急なお客様に起こされて、出遅れてしまった。昨年秋には長女と3人で10月の栂池自然園で楽しい思い出を作ったが、全くの霧でまた時間的な理由から展望湿原までは行けずに浮島湿原で引き返した。今年もロープーウェイに1時20分に乗ったので、浮島湿原が本日の限界点ですとアナウンスが流れていた。女房とせっかちな私の2人のトレッキングでは、自然園の入り口でもう心は展望湿原にあった。3時になった時点で帰路につく決め事をして向かったが、すれ違う人が少なくなり浮島湿原を眼下に見渡すころには体力よりも、不安の方が先になった。帰路の方に「こんにちわ。誰かまだいましたか?」の質問の答えが、「私たちが最後ですよ」になってからは、これが私たち2人の生き方なんだなーと思いながら、展望湿原を目指した。人気は無く霧が押しよせ、今回もまた大雪渓は見れなかった。なんとなく小さな達成感と俺達が今日の最後尾と思っていたが、浮島湿原に戻るころ若者カップルが物凄いスピードで展望湿原に向かっていた。あっさりと本日の記録は塗り替えられたしまった。「あーあもう少しゆっくりと生きれないのだろうか。とも思ったり、付き合ってくれるパートナーに感謝しなくてはと思った。」何事にも2面はある。「例えば静かで良いのか、寂しいのか」良いように解釈して静かな心でいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.22

秋のバラ

9226 9222 秋のバラは一段と鮮やかで心が奪われる。リオサンバとザマッカートニーローズです。秋の陽射との調和は、雑然とした心を清めてくれます。ありがとう。バラに5枚アップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.20

房咲き朝顔

9191 9192 房咲き朝顔が見ごろを迎えた。通常の朝顔が散り始めているのにやっと元気が出てきたようだ。1つの茎から4つの花を咲かせる房咲き朝顔。春に花屋さんからいただいたものです。久々の朝日にあんたが一番輝いている。種ができていない?何とか来年に繋げてたいところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.19

ホトトギス

9181 なんとなく寂しそうな響きのあるホトトギス。そんな感じを抱くのは私だけでしょうか?小鳥のホトトギスの胸の斑点に似た斑点を持つ花で名付けられたようです。とても好きな花の1つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.18

秋の陽射

9182 台風が各地に被害をあたえ、悪天候の連休予想であったが、今日は秋の陽射が優しく庭の花たちを包んでくれた。特に大文字草は心地よさそうで私まで幸せになった。お日様有難う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.17

特別な日

009_1 今日はあまりお天気は良くなかったが、朝5時に散歩に出た。昨年1年の感謝とこれから始まる1年の幸せを願って、女房と愛犬と幸せな時間だった。稲も蕎麦ももう少しで実り、収穫の時期を迎える。千葉の娘達も実り多い1年であってほしいと祈るばかりだ。fujimamaさんもおめでと!!1日違いでしたね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.09.12

パンジー

9121 今年から庭が広くなった分、花の苗をどうしようか迷って迷って・・・こんな所で倹約しなくても2日も飲みに行かなければ1年分の苗が買えるという周囲の声を聞きながら、パンジー、ビオラ、ルコウソウ、サルビア、ぺチュニア、ひまわり、西洋オダマキ、オキナグサ、クリンソウ、ヤナギラン、ヤマシャク、・・・と種を取りまっくってみました。山野草に関しては毎年の事なので、独りでにやにやしながら楽しんでいますが、ビオラ類ははじめて。どうなる事か楽しみです。参考にしたのはhttp://www1.odn.ne.jp/koyama/viola-sennka.htmです。勝手に乗せてしまいましたがすみません。種を冷蔵庫で冷やしました。ある程度低温にならないと発芽しないようですが、今のところ順調。ビオラに関しては先生がいっぱいいて、方法も違うので色々やってみる事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.10

モグラ捕獲

9101 9102 9103 今年の招かざる客人をついに捕獲した。朝5時40分女房と町の奉仕活動に出かけ(かっこいい表現ですがただの草取り)急なお客様を迎えて、・・・やっとマイ庭に出たのは9時でした。昨夜は会議で長野、確かな記憶は無いがモグラの跡は無かったと思う。その前の金曜の夜は長野で始まったラーメンファンタジスタに出かけ映画を見て帰ったので記憶は確かでない。木曜日までさかのぼると明らかにモグラの跡は無かった。

結論として、今朝にモグラの通った跡と決めて、以前NHKでモグラの性質の特集を見た時の事を思い出し、捕獲作戦開始した。1、まずモグラは極めて視力が弱いが、日光に当たっても全く死なない。つまり本当に困れば地上に出てきて、水の中も泳ぐ。2、音で退治駆除するように各種の鳴り物が売っているが、今回はその超音波振動のでる装置の周りを通っているのであまり効かない。3、筒状の捕獲わなの周りを掘って進んでいる。これも無理。NHKの特集でモグラが一番動転していたのは、雷雨による穴の中の洪水だった。・・・・そこで最も新しい跡を探し、その近くにまだモグラがいるかもしれないと予測。そこから5メートル位はなれたところの通り道をふさいで、ネットを固定。後は最新の通り道と思うところに水道のホースを入れて盛り上がった通り道を水攻撃で塞いでいった。3分後、奇跡的に網の中で動く生物発見。鎌で一突き捕獲劇を終了した。

いくつもの偶然と幸運が重なって、捕獲できた。でも少しの知恵もあった。前足の爪が凄い。1日30メートルは平気で掘る。掘った穴にミミズが落ちてきたのを食べる。

次になぜ20年もモグラにやられなかったのに急に出没したか?100メートルほど離れた所に国道18号線が走っておりここ4ヶ月ほど下水工事で日夜騒音。それで追われて、マイ庭に逃げ込み現れたのではないか?と推測できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.08

霧下蕎麦

98 昨夜の大雨で蕎麦畑は大被害と思っていたが、何とか難を逃れたようだ。我が家から50メートルぐらいの所にある蕎麦畑。他人の畑であるがシャッターチャンスを狙っていたので、心配でならなかった(不謹慎であるが)今朝は信濃町の霧下蕎麦の真髄の写真かもしれない。霧の中で、大雨にも負けず、ピーンと咲く花たちに元気をもらった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.09.01

黒姫高原コスモス園

911_1 91 地元の黒姫高原のコスモスが信濃毎日新聞に7分咲きと報じられたので行ってみた。いつもは台風に倒されたりでイマイチだったが今年はその点では全く無傷であった。でもやはり満開とは程遠く、あと2週間ぐらいはかかりそう。そんな中でダリアが30種類満開を迎えていた。改めてその美しさに酔ってしまった。山形の川西町にも大きなダリア公園がある。何年か前に義父母に連れて行ってもらったが急に行きたくなった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »