« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.28

新葉

2-28-1 1月の留守の間に雪割草の第1弾が咲き終わってしまいました。わくわくするような新葉が眩しいです。もう自分になんか落ち込んでいられませんが、とても悲しいお別れがありました。敬愛していた同業者の突然の訃報。一日中足ががくがくして過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.27

マキシラリア

2-27-1 マキシラリアポリフィロステレ。昨年うちの町から軽井沢へ越されたポリスマンにいただいたものです。

シュンランに似ていますがほのかな香りがたまりません。今日は肩腱板の手術から2ヶ月目で診察を受けました。夜の痛みがなかなか取れないので相談したら再断裂の可能性ありと言われてしまいました。傷心した気持をマキシラリアの香りが癒してくれました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.02.26

デンドロビューム

2-26-1 痛みは人を我侭にする。それに引き換え、1年間も待ってやっと咲いたのに、おまえは本当に謙虚だ。そして優美だ。心を和ませてくれて有難う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.13

善光寺灯明まつり

2-13-8 千葉で頑張っている2人の娘の幸せを善光寺に祈ってきました。2人とも試験を前にインフルエンザ、持病に苦しんでいます。心穏やかに乗り越えてくれることを祈ります。花たち写日記に10枚アップしてます。まる健さんにはかないませんがご覧ください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

長野灯明まつり

2-13 何とか長野灯明まつりに出かけました。

素晴らしい写真は、まる健写真館の写日記をご覧になればいいと思います。絶対行きたくなりますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.08

厳寒のさくら

2-8 今年も真冬の2月に桜をいただきました。厳寒の北信で咲かせた桜です。久々の若葉が眩しく、ピンク色の蕾に希望を感じました。自分も、もう甘える事無く春に向かって歩き始めることにします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.02.02

秘めやかな部分

2-2-3 2-2-2 我が家に嫁いで1年目と5年目のシンピジュウム拡大撮影するとなんだか秘めやかな部分を見てしまったようにも思う。今年も元気に過ごしてまた花をつけてほしいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.02.01

南京桃

2006 あけましておめでとうございます。本年も頑張りますので、また見に来てください。皆さんのお陰でなんとか1月を乗り切ることができました。正月前に肩の腱板の手術を受けましたが、術後の痛みはなかなか辛いものがあります。指先は何の不自由も無く動きますが、まだ手があがりません。やっとの思いで、室内に咲く南京桃を撮影しました。昨年3月に買い求めて、3色咲き分けで大変嬉しかったものです。一番上の朱色の花が満開です。外の雪に映えて誇らしげに見えます。今年も皆様にとって素晴らしいとしになりますようにお祈りし、わが身にも幸多い年になることを期待します。今回支えてくださった皆様、お見舞いいただいた皆様、そして妻に感謝して今年最初の記事とします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »