2019.04.24

チームラボプラネット東京

4月21日に仲間とチームラボプラネット東京に行ってきました

| | コメント (0)

2019.03.16

世界遺産アンコール遺跡群探訪最終日 

朝日に輝くアンコールワットを鑑賞してから朝食をとり最終日の観光に出かけました。
トンレサップ湖遊覧、オールドマーケット散策そして昼食(クメール料理)

Dsc_4451

Dsc_4470

Dsc_4479

Dsc_4496

Dsc_4507

Dsc_4528

Dsc_4532_2

今は乾期で水量が激減している。木々に浮いた船は、雨期のうちに杭で止めて乾期を待ち船底の修理。水上生活の知恵でしょう。子どもたちはこれ以上ない泥水の中で素潜り。ワニは養殖。日本では見られない光景でした。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019.03.13

世界遺産アンコール遺跡群探訪11

4日目朝は朝日に輝くアンコールワット遺跡鑑賞に出かけました。希望者のみとのことでしたが、全員参加となりました。撮影が難しい。朝日を目に焼き付けてきました。

Dsc_4308

Dsc_4405_2

Dsc_4423_2

Dsc_4448_2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界遺産アンコール遺跡群探訪10

ロリュオス遺跡群 プリア・コー 聖なる牛を意味する寺院で3つの牛が〈雄牛)いる。

Dsc_4087

Dsc_4114

 

Dsc_4103

Dsc_4111_2

3日目午後はバンテアイ・スレイ 遺跡へここは東洋のモナリザと言われるデバター(女神のレリーフ)があることで有名。あまりに美しく盗難にもあっているので、立ち入れないのが残念でした。

Dsc_4223

Dsc_4259

Dsc_4251

Dsc_4265_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界遺産アンコール遺跡群探訪

3日目 アンコール王朝最古の遺跡 ロリュオス観光に行きました
バコン寺院遺跡 アンコール時代最初のピラミッド型寺院。参道に見事なナーガ。第一基壇破風から中央祠堂が絵画のよう

Dsc_4140Dsc_4141

Dsc_4147

Dsc_4152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.12

世界遺産アンコール遺跡群探訪8 アンコールワット

いよいよ第一回廊に入りさらに上を目指しました。
第二回廊までは登れたのですが、第三回廊は1回に100人ほど、15分間の人員調整をしていて長蛇の列。ツアー参加しての見学でしたので登ることを断念しました。
第三回廊までは65度の傾斜の階段で、頂上の高さは64m。
アンコールワットのあるシェムリアップの町には、64mを越す建物を禁止しているそうです。

Dsc_3930

Dsc_3939

Dsc_3966

一休憩して第一回廊のレリーフを見に行きました。

阿修羅とヴィシュヌ神の戦い。

乳海攪拌(ヒンズー教の天地創造)はそれぞれ意味があり圧巻でした。

Dsc_3983

Dsc_3992

Dsc_3987

Dsc_3995

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界遺産アンコール遺跡群探訪7 アンコールワット

アンコールワットは西塔門わきのゾウの門から入りました。西参道は修復中で仮設の橋。ゾウの門を入ると高さ4mのヴィシュヌ神か待ち受けていました。そのスケールは半端じゃないです。そしていよいよ西塔門から中央祠堂を見る。ここは絵画の額のように見える。西参道を進むと経蔵、聖池があらわれる。左聖池に映る中央祠堂。 まで

Dsc_3868

Dsc_3882

Dsc_3884

Dsc_3880

Dsc_3893

Dsc_3901

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.09

世界遺産アンコール遺跡群探訪6

2日目最後はジャングルに沈む夕日鑑賞。
プレループ遺跡からの夕日はシェムリアップで有名

Dsc_4006_2

Dsc_4024

Dsc_4050

Dsc_4051

Dsc_4063

Dsc_4068

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019.03.06

世界遺産アンコール遺跡群探訪5

アンコールトムにある象のテラスとライ王のテラス。

凱旋する軍隊を眺望する基壇として使われた象のテラス

ライ王のテラス王族の火葬場のように使われていたとも考えられる。

壁面には架空動物たちが多く描かれているが、神の乗り物とされている。

Dsc_3786

Dsc_3778

Dsc_3760_2

Dsc_3780

また、マイクロバスで移動。タ・プローム寺院遺跡を観光しました。

タ・プローム寺院遺跡は  、樹木に覆われた発見当時の様子を残すために樹木の除去しないままにされている。 遺跡を侵食する樹木。その迫力、自然の生命力をまざまざと見せつけられる。

Dsc_3788

Dsc_3812

Dsc_3851

Dsc_3846_3

Dsc_3840_3


 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界遺産アンコール探索4

南大門入口には左右それぞれ54体の巨人の石像が並べらおり、向かって左側の像は神々、右側の像は阿修羅。所々新しい石像は盗難にあったものを修復したようです。また南大門は本当にゾウが通れるのか疑問だったのですが、観光で本当にゾウに乗って通ってました。南大門の観音菩薩もとても美しいかったです。

Dsc_3651_2

Dsc_3657_2

Dsc_3636_2

Dsc_3667_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«世界遺産アンコール遺跡群探索3