« February 2014 | Main | June 2014 »

March 23, 2014

智歯の功罪2症例目結果

保存不可能な左下7を抜歯して、智歯が危険な位置であるなら、誘導して危険でない位置にすれば抜歯可能になると考えました。

X271200003bfd3

この時点で、信頼していつも助けていただいている長野日赤の口腔外科にセカンドオピニオンをお願いしました。

1、抜歯は可能か?に対して  根尖が神経から離れたので可能

2、左下8抜歯7部へ移植可能か? 望ましくない

3、右上8を7部へ移植可能か? 左下8抜歯に伴い遠心の骨が失われ無理

とのことでした。智歯を7部に矯正治療で誘導は可能でしょうかご検討くださいとアドバイスをいただきました。

それで勇気をいただき


X27120000534c3

3233_3

X271200007fbf43232


患者さんのご希望通り智歯を抜歯しないで処置できました。

| | Comments (28) | TrackBack (0)

智歯(親不知)の功罪2症例目

平成23年に左下智歯の悪影響で前の歯の7番が咬合痛遠心からの排膿で保存不可能になりました。

また患者さんは以前新潟の某口腔外科で左下の8の抜歯は神経に近く危険だと言われ、智歯の抜歯に非協力的でした。

3231


さーどうしましょうか?

| | Comments (9) | TrackBack (0)

March 22, 2014

智歯の功罪・・結果

やはり左下7は保存できませんでした。

3225


そこで抜歯したところに智歯(親知らず)を移植しました。

あまり抜歯窩が大きかったので低位に移植し、安定したところで矯正で噛み合わせを調整し

終了しました。

3222


低位に移植。安定したので

X3447000073673


矯正で歯の位置を調整

3224


3221


処置終了です。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

March 21, 2014

埋伏智歯(親不知)の功罪

2012、7月某口腔外科より左下7の歯周病の処置の依頼が参りました。

患者さんは59歳男性。町の空手道場の先輩でした。

左下8の水平埋伏、7の早期接触により、7の歯周組織が壊滅的です。

さー左下78どう処置しましょう。移植、矯正、インプラント、色々なことが考えられます。

20143212


20143211

| | Comments (150) | TrackBack (0)

March 15, 2014

歯っピー通信31号

2014.3月号の歯っピー通信ができました。だんだん簡単になって反省ですが、続けることに意味を感じて・・・と自分を励ましております。「32014.3.pdf」をダウンロード

| | Comments (42) | TrackBack (0)

March 14, 2014

ピエゾ実習を開始

またもう少し歯科治療に対するエネルギーと情熱を補充し、安心安全な歯科治療を行うためにピエゾの実習を始めました。ピエゾは超音波を利用して、骨のみ削り軟組織を傷つけない機械。安全な抜歯や小手術、インプラント歯周治療に役立ちそうです。

3121

| | Comments (129) | TrackBack (0)

March 12, 2014

嘔吐反射の強い患者さあん

いつもでしたら、嘔吐反射は青龍のツボと足の態勢で解決するのですが、この患者さんでは効せず笑気も併用しました。初期濃度35%でも印象採れず、結局セレックでスキャンしてクラウンインレー製作しました。

3122


3123

| | Comments (168) | TrackBack (0)

March 10, 2014

「歯科用コーンビーム型3D断層撮影機」導入(歯科用CT)

「歯科用コーンビーム型3D断層撮影機」やっと導入しました。

それに伴いレントゲン室の改修、レントゲン操作コーナーを新しくして、

3D(歯科用CT)とビスタスキャンによるデンタルの操作を2台のモニターで行えるようにしました。

合わせて、電子カルテの入力、医院管理のPC,さらに位相差顕微鏡、TV,インターネットにも接続できるようになりました。

PCはすべて収納された形をとれました。すっきりです。

しかし本来の報告は、CTのお蔭でこんなに安全に診断そして処置できたと報告すべきでしょう。3102


3104


3103


2014310


20143101

| | Comments (60) | TrackBack (0)

« February 2014 | Main | June 2014 »